トヨタが4人の日本人ピアを搭載した伝統的な自動車用のグリーン燃料を開発

ESG ソフトウェアのデモをリクエストする

メールは正しくフォーマットする必要があります
Thank you for your interest in Seneca ESG. We will be in contact shortly.

トヨタが4人の日本人ピアを搭載した伝統的な自動車用のグリーン燃料を開発

この記事を共有する

日本の自動車メーカーであるトヨタ[7203:JP]は、11月13日にロイターが報告したように、内燃機関を搭載した従来の自動車用の代替グリーン燃料の開発について、国内の4社と協力すると主張しました。他の4社の自動車会社はマツダモーター[7261:JP ]、スバル[7270:JP]、ヤマハモーター[7272:JP]、カワサキヘビーインダストリーズ[7012:JP]。代替のグリーン燃料には、水素とバイオマス由来の合成燃料が含まれます。自動車メーカーは、既存の労働力とサプライチェーンを廃止して電気自動車(EV)生産に切り替える以外に、それらを維持することを意図しているためです。

トヨタは、2025年までに15台のEVモデルを発売し、2030年までに135億米ドルをEVバッテリーに投資する計画を発表しました。これには、バッテリー生産能力の拡大とバッテリー供給システムの開発が含まれます。バッテリー投資計画の中で、トヨタは米国でのプレゼンスに34億米ドルを割り当てる予定であり、同社は今年10月に13億米ドルで米国で最初のバッテリー生産工場を建設することを発表しました。世界的な気候変動への対応とEV事業の支援により、多くの自動車メーカーがバッテリーの開発と生産の展開を加速しているほか、製品の多様化を目指す一部のエネルギー会社は、水素などの代替の環境に優しいエネルギー源の実現可能性も模索しています。 。同様に、韓国の精製業者現代オイルバンクと排出削減技術に焦点を当てているデンマークのハルドールトップソーは、燃焼エンジン車で使用される化石燃料に代わる、電気燃料やバイオ燃料などの環境に優しい合成燃料を共同開発するためのパートナーシップを11月4日に発表しました。

出典:

https://www.reuters.com/business/autos-transportation/toyota-says-develop-alternative-fuels-with-other-japanese-vehicle-makers-2021-11-13/

https://www.senecaesg.com/blog/hyundai-oilbank-denmarks-haldor-topsoe-to-jointly-develop-eco-friendly-e-fuels/

https://www.senecaesg.com/blog/toyota-unveils-usd3-4bn-battery-investment-plan-in-us-with-first-battery-factory/

関連記事



ja日本語