韓国のバイオディーゼルリーダーであるDaekyungO&Tが主要な精製業者からの入札に直面

ESG ソフトウェアのデモをリクエストする

メールは正しくフォーマットする必要があります
Thank you for your interest in Seneca ESG. We will be in contact shortly.

韓国のバイオディーゼルリーダーであるDaekyungO&Tが主要な精製業者からの入札に直面

この記事を共有する

韓国のプライベートエクイティ会社STICInvestmentは、10月29日のKorean Economic Dailyの報告によると、BofA証券を引受人として、地元の大手バイオディーゼル材料メーカーであるDaekyung O&Tを売却する予定です。SKInnovation[096770:KS]、S -Oil Corporation [010950:KS]とHyundaiOilbankが予備入札に参加しました。これらの潜在的な買い手とともに、Daekyung O&Tの100%株の売却は、STIC Investmentが保有する71.73%の株式を含め、以前の4,000億ウォン(3億4,100万米ドル)から5,000億ウォン(4億2,700万米ドル)に増加すると予想されます。それにもかかわらず、Daekyung O&Tは韓国のバイオディーゼル市場の50%を占めていますが、バイオディーゼルの市場規模は石油やガスよりもはるかに小さく、対象会社の事業所も小さいです。このため、これらの大手精製業者は、プライベートエクイティファームと協力して大京O&Tを買収することを検討しています。

STICインベストメンツは2017年に大京O&Tを945億ウォンで買収しました。その後、大京O&Tは主な事業を動物性脂肪と植物油の生産からバイオディーゼルに切り替えました。世界的なESG開発の流れの中で、バイオディーゼルやバイオエタノールなどのバイオ燃料が、環境にやさしい再生可能エネルギーの一種として注目されています。したがって、Pulseのレポートによると、Daekyung O&Tの営業利益は以前の64億ウォンから2020年には165億ウォンに増加しました。

韓国政府は2015年7月に再生可能燃料基準(RFS)プログラムを開始し、石油精製業者、輸入業者、輸出業者にバイオディーゼルとディーゼル燃料の混合比を義務付け、2030年以来5%を目指しています。現在、韓国のバイオディーゼル消費量は60万トンです。年間生産能力は100万トンで、2030年の消費目標を達成する見込みです。グローバルな観点から、韓国はトップのバイオディーゼル生産国には含まれていませんでした。最大のバイオディーゼル生産国はインドネシアで、2019年の生産量は704万トンで、世界全体の17%を占め、次に米国の14%とブラジルの14%が続きます。 2009年から2019年まで、世界のバイオディーゼル生産の複合年間成長率は10.3%であり、2019年の生産量は41.73トンで、前年比13%増加しました。

出典:

https://www.kedglobal.com/newsView/ked202110290014

https://pulsenews.co.kr/view.php?sc=30800028&year=2021&no=774300

https://www.argusmedia.com/en/news/2182419-south-korea-to-raise-biofuels-mandate-to-b5-by-2030

https://iea-amf.org/content/publications/country_reports/korea

http://pg.jrj.com.cn/acc/Res/CN_RES/INDUS/2020/12/30/2a6a588b-26d8-462a-b4a3-e8de2fb59b82.pdf

関連記事



ja日本語