韓国がチリで1億3000万米ドルの太陽光発電所を立ち上げる

最新のAPACESGインサイトを受信トレイに直接取得

メールは正しくフォーマットする必要があります

お問い合わせ
  • ツイッター

  • Linkedin

  • 韓国がチリで1億3000万米ドルの太陽光発電所を立ち上げる

    この記事を共有する

    11月29日の韓国経済新聞の報道によると、韓国政府はチリに2つの太陽光発電所を建設することを計画しています。DohwaEngineering、Hanwha Q CELLS [HQCL:US]、OCIPowerなどの韓国企業が共同で1億2,990万米ドルの費用がかかる可能性のあるプロジェクト。太陽光発電所の複合施設は、マウレ州クリコ県のテノにある1.2m平方メートルの農場に設置されます。 2つのプラントは、最初のフェーズでそれぞれ3メガワット(MW)の容量を持ちます。その後、韓国は第2段階でチリに140MWのプラントを建設する予定です。

    韓国政府は、この複合施設がフェーズ1で3,010万米ドル、フェーズ2で5億9,440万米ドルを稼ぐと予想しています。特に、このプロジェクトはクリーン開発メカニズム(CDM)プロジェクトでもあり、CDMが認証排出削減量(CER)を発行するため、排出削減のために炭素クレジットを取引することで利益を生み出すことができます。チリは、発電を常に非太陽光エネルギー源に依存してきました。国は2017年に76,647ギガワット時(GWh)を生成し、石炭火力発電所は39%、水力発電所は30%、天然ガスは17%、太陽光発電機と風力発電機は5%を占めています。長期的には、チリはCDMプロジェクトを通じて4,023MWの電力を再生可能エネルギーに変換するという目標を設定しました。

    出典:

    https://www.kedglobal.com/newsView/ked202111290013

    ja日本語