韓国は2030年までに30の大手企業で国内水素産業を後押しする

ESG ソフトウェアのデモをリクエストする

メールは正しくフォーマットする必要があります
Thank you for your interest in Seneca ESG. We will be in contact shortly.

韓国は2030年までに30の大手企業で国内水素産業を後押しする

この記事を共有する

同日、韓国経済日報が報じたように、韓国の文在寅大統領は10月7日、国を世界有数の水素経済に発展させ、将来の成長ドライバーとしてクリーン水素を作るという目標を発表した。アジアの国は、輸送、産業プラント、および発電施設での水素エネルギーの使用を促進し、水素消費量は今年の約22万トンから2030年までに390万トンに増加します。水素供給を増やすために、韓国政府は提供します2030年までに世界をリードする30人のプレーヤーを目指す、水素および関連技術開発者(海外の水素プロジェクトを含む)に対する債務返済保証や税控除などの財政支援。大学院。

以前、韓国政府は2019年1月に2030年までに194万トンの水素消費という目標を発表しましたが、最新の目標は2倍になっています。長期的には、国の水素消費目標は2050年までに2700万トンです。さらに、生産時に二酸化炭素を排出しないクリーンな水素は、国が達成を計画している2030年までに水素消費量の50%、2050年までに100%を占めることになります。その炭素中性。韓国は、その目標を達成するための取り組みの一環として、アンモニアと液化水素を運ぶ貨物船、水素分配用の港、水素充填ステーションなどの水素インフラストラクチャの構築を優先します。水素燃料電池車(FCV)の開発と推進のために、国は現在の70から2050年までに2,000を超える水素充電ステーションを追加することを計画しています。

水素エネルギー開発のトレンドの中で、SKグループ、韓国電力公社(KEPCO)[KEP:US]、サムスンエンジニアリング[028050:KS]、ロッテケミカル[011170:KS]など、韓国の主要企業が水素計画を発表しました。 、POSCO [PKX:US]、その他。さらに、10月7日、現代自動車グループの自動車部品子会社である現代モービス[012330:KS]は、2つの水素燃料電池プラントのうちの1つを11億米ドルの計画で建設し始めました。現代モービスの取締役会が8月に承認した投資計画は、2030年後半に2工場を量産した後、燃料電池システムの年間生産能力を合わせて10万台を目指す。

出典:

https://www.kedglobal.com/newsView/ked202110070016

https://www.kedglobal.com/newsView/ked202110070013

関連記事



ja日本語