韓国、貿易紛争の懸念で独占禁止法の改正を保留

ESG ソフトウェアのデモをリクエストする

メールは正しくフォーマットする必要があります
Thank you for your interest in Seneca ESG. We will be in contact shortly.

韓国、貿易紛争の懸念で独占禁止法の改正を保留

この記事を共有する

韓国の反トラスト監視機関である公正取引委員会 (FTC) は、産業通商資源部 (MOTIE) が懸念しているため、韓国と外国の起業家の両方に同じ開示と反トラスト規則を適用することを目的とした法改正の発表を遅らせました。韓国経済日報が8月1日に報じたように、この動きは韓国と米国の間の本格的な貿易紛争を引き起こす可能性がある.新しい法律を導入することにより、FTCは韓国系アメリカ人であり、韓国最大の電子商取引会社 Coupang [CPNG:US] は、大規模なコングロマリットのトップとして、より厳格な監督下に置かれました。現行法では、大韓民国の財閥のトップは、韓国国民でない場合、規制開示と独占禁止法に関する国内法の適用を免除されている。

米国の通商当局は、この修正案が、加盟国がすべての貿易相手国を平等に扱うべきであるという世界貿易機関 (WTO) の基本原則である最恵国待遇に違反していると述べています。サウジアラビアの石油会社アラムコ [ARAMCO:AB] は、ソウルに本拠を置く石油会社 S-Oil の 63.4% 株を保有しているが、米国市民の金氏が大規模コングロマリットのトップに指名された場合、米国は不利な扱いを受けていると主張することができる。 [010950:KS] は、FTC 監督の対象外です。 5月の韓米実務協議で、米国は公正取引委員会の改正案に反対を表明した。この問題に詳しい人々によると、改正された法案は現在保留中であり、省庁間のさらなる議論に向けて開かれている.

出典:

https://www.kedglobal.com/business-politics/newsView/ked202208010012

https://m.theinvestor.co.kr/view.php?ud=20220801000083

https://www.koreatimes.co.kr/www/tech/2022/08/129_333719.html

https://www.koreatimes.co.kr/www/tech/2022/07/419_333608.html

関連記事



ja日本語