シンガポールは2035年までに4GWの低炭素電力を購入する

ESG ソフトウェアのデモをリクエストする

メールは正しくフォーマットする必要があります
Thank you for your interest in Seneca ESG. We will be in contact shortly.

シンガポールは2035年までに4GWの低炭素電力を購入する

この記事を共有する

シンガポールのガン・キム・ヨン貿易産業相は、10月25日の第14回シンガポール国際エネルギーウィークの開会式で、2035年までに最大4ギガワットに相当する30%の電力需要を満たすために低炭素電力を輸入する計画であると述べました。 (GW)、同じ日にLianheZaobaoによって報告された。その後、エネルギー市場監督庁(EMA)は、複数の輸入業者からさまざまな低炭素電力を購入するための2つの提案依頼書(RFP)を発行します。当局は11月に最初のRFPを開始して1.2GWの電力を取得し、2027年までに実装します。残りの2.8GWの2番目のRFPは2022年の第2四半期に予定されており、2035年までに開始されます。EMAは受け入れないことを強調しました。石炭燃料の電力を提供する提案。

地元の資源と土地によって制限されているシンガポールは、伝統的な燃料またはクリーンな供給源から生成された電力の輸入に依存する必要があります。自国で屋上太陽光発電とフローティング太陽光発電を開発しているにもかかわらず、この国の地元の太陽エネルギーは2030年までに3%の電力しか供給できませんでした。国境を越えた電力取引と送電に関連する技術的および規制上の問題を調査し、解決するため。試験には、マレーシアからの100メガワット(MW)の天然ガス燃料電力と、インドネシアのブラン島からの100MWの太陽光発電電力の輸入が含まれます。その後、2022年から2023年にかけて、シンガポールは既存のルートを活用して、タイとマレーシアを経由してラオスから100MWの水力発電を輸入する予定です。さらに、シンガポールの国営電力網事業者であるSPグループとフランスのエネルギー開発会社であるElectricite de France(EDFグループ)[EDF:FP]は、インドネシアの太陽光発電からシンガポールに供給する海底送電ケーブルを共同開発する契約を10月11日に締結しました。インドネシアの太陽エネルギープラントは、1,000MWの設備容量で計画されています。

出典:

https://www.zaobao.com.sg/realtime/singapore/story20211025-1206703

https://www.zaobao.com.sg/news/singapore/story20211026-1206904

https://www.straitstimes.com/singapore/environment/singapore-plans-to-import-30-of-energy-from-low-carbon-sources-by-2035

関連記事



ja日本語