伊藤忠商事とシェルが環境に優しい技術でブラジルの鉱山を脱炭素化

ESG ソフトウェアのデモをリクエストする

メールは正しくフォーマットする必要があります
Thank you for your interest in Seneca ESG. We will be in contact shortly.

伊藤忠商事とシェルが環境に優しい技術でブラジルの鉱山を脱炭素化

この記事を共有する

日本の商社伊藤忠商事 [8001:JP] と英国の石油・ガス大手シェル [SHEL:US] は、ブラジルの鉄鋼大手 CSN [CSNA3:BZ] との間で、ブラジルのカサでの脱炭素技術の導入を検討する覚書 (MoU) に署名した。 7月29日に日経アジアが報じたように、伊藤忠とシェルが共同開発しているデ・ペドラ鉱山。この協力には、シェルが製造した植物ベースのバイオ燃料をマイニングトラックなどの重機に供給し、重機を電動化することが含まれる。ブラジルの会社はまた、シェルと伊藤忠が保有するクレジットを使用する炭素クレジットシステムを確立する潜在的な計画とともに、炭素の回収、利用、貯留(CCUS)技術を鉄鋼鉱山に適用することを検討しています。覚書の署名者は、年末までに脱炭素化の具体的な計画を策定する予定です。

カサ デ ペドラ鉱山は、水力発電を中心とした再生可能エネルギーから生成された電力 100% で稼働しています。さらに、CSN は今後、太陽光発電などのエネルギー源を製鋼工場とセメント工場に導入し、具体的な投資と炭素削減目標を策定する予定です。これは、脱炭素イニシアチブを拡大するためのシェルのさらなる取り組みを表しています。 6 月 29 日、同社は Exxon Mobil [XOM:US] および中国第 3 位の石油生産者 China National Offshore Oil Corporation (CNOOC) [0883:HK] と MoU を締結し、中国。 Shell は、2050 年までにエネルギー事業の正味ゼロ排出を実現するために、東南アジアの 1,500 万トンを含め、2035 年までに少なくとも 2,500 万トンの炭素貯蔵能力を目指しています。

出典:

https://asia.nikkei.com/Spotlight/Environment/Climate-Change/Itochu-ties-up-with-Shell-to-bring-green-tech-to-Brazil-mines

https://www.bloomberg.com/news/articles/2022-06-29/oil-giants-partner-on-massive-carbon-capture-project-in-china#xj4y7vzkg

https://www.upstreamonline.com/energy-transition/shell-eyes-asia-offshore-ccs-hub/2-1-1234165

関連記事



ja日本語