インドは新しい国家排出公約で45%排出原単位の削減を誓う

ESG ソフトウェアのデモをリクエストする

メールは正しくフォーマットする必要があります
Thank you for your interest in Seneca ESG. We will be in contact shortly.

インドは新しい国家排出公約で45%排出原単位の削減を誓う

この記事を共有する

インド連邦内閣は、2030 年までに GDP の排出原単位を 2005 年のレベルから 45% 削減し、非化石ベースの供給源からの電力需要の半分を満たすことを含む、国が決定する貢献 (NDC) として知られる新しい国の排出公約を承認しました。 2015 年のパリ協定では、署名国は 5 年ごとに NDC を更新する義務があります。 2015 年に国連気候変動枠組条約 (UNFCCC) に提出されたインド初の NDC で、同国は、GDP の排出原単位を 2005 年のレベルと比較して 33% から 35% まで削減し、40% の累積電力設備容量を 40% に達成することを約束しました。 -2030年までの化石源。

内閣の声明によると、更新された気候に関する誓約は、2070 年までに正味ゼロ排出を達成するというインドの長期目標への道を開くものです。 390.8 GW の総設置電力容量の 40.1% をすでに構成しています。強化された国家気候目標を実現するために、インド議会は 8 月 8 日に、エタノール、グリーン水素、バイオマスなどの非化石燃料の使用を促進するための省エネ (修正) 法案を可決しました。この法案により、電力部門の規制当局は、新しいエネルギー消費基準に準拠していない個人または組織に罰則を課すことができます。さらに、この法案は、炭素取引市場などの新しいメカニズムを導入し、経済の脱炭素化を促進するために非化石燃料の使用を義務付けることを目指しています。

出典:

https://www.reuters.com/world/india/india-approves-new-emissions-targets-tackle-climate-change-2022-08-04/

https://pib.gov.in/PressReleasePage.aspx?PRID=1777364

https://www.business-standard.com/article/current-affairs/lok-sabha-passes-bill-to-promote-use-of-ethanol-green-hydrogen-biomass-122080801407_1.html

https://www.bloomberg.com/news/articles/2022-08-03/india-to-order-use-of-cleaner-fuels-under-push-for-net-zero

関連記事



ja日本語