インドがCOP26で新しい2030年気候目標を発表

ESG ソフトウェアのデモをリクエストする

メールは正しくフォーマットする必要があります
Thank you for your interest in Seneca ESG. We will be in contact shortly.

インドがCOP26で新しい2030年気候目標を発表

この記事を共有する

インドは、10月18日にEconomic Timesが報告したように、10月31日に開かれる次の2021年国連気候変動会議(COP26)でのパリ協定の下で、国家決定貢献(NDC)としても知られる気候目標を更新する予定です。この問題に精通している情報筋に対して、インド政府はまだ内部協議中であり、2015年に提示された以前の気候計画と同様に、2つのセクター目標とともに経済目標全体を提出する可能性があります。2030年までに達成される可能性のある新しい目標には、温室効果ガス(GHG)排出強度を2005年のレベルから46%から48%に削減し、発電における非化石燃料の使用を60%から65%に増やしました。

NDCは、2020年以降の気候目標を、各国の署名者が提出および報告するためのパリ協定の要請と呼んでいます。インドは、気候変動に関する国連枠組み条約(FCCC)が各国にこの10年間の更新されたNDCの提出を要求する期限である10月12日を逃しました。 2015年のCOP21で、インドはGHG排出原単位を2005年のレベルから33%から35%に削減し、2030年までに非化石燃料源の40%を発電に使用することを約束しました。二酸化炭素換算のカーボンシンクを25億トンから30億トン追加することを目的としています。インドは、新しいNDCを発表する前に、非化石燃料の使用を増やす取り組みの一環として、再生可能エネルギーの容量目標を更新しました。今年の新再生可能エネルギー省(MNRE)は、2030年までに450ギガワット(GW)の再生可能エネルギー設備容量を目標とし、2015年にインドのナレンドラモディ首相が発表した2022年までに175GWの目標に取って代わると発表しました。

出典:

https://economictimes.indiatimes.com/news/india/india-set-to-update-its-2030-climate-targets-under-paris-agreement/articleshow/87098192.cms

https://unfccc.int/process-and-meetings/the-paris-agreement/nationally-determined-contributions-ndcs/nationally-determined-contributions-ndcs

https://economictimes.indiatimes.com/news/politics-and-nation/cop21-in-paris-india-vows-to-reduce-carbon-dioxide-emission/articleshow/49189233.cms

https://www.business-standard.com/article/economy-policy/india-set-to-hit-450-gw-renewable-energy-installed-capacity-by-2030-mnre-121101100921_1.html

関連記事



ja日本語