インド、航空会社に安全上の問題を受けてエンジニアリング能力を向上させるよう命令

ESG ソフトウェアのデモをリクエストする

メールは正しくフォーマットする必要があります
Thank you for your interest in Seneca ESG. We will be in contact shortly.

インド、航空会社に安全上の問題を受けてエンジニアリング能力を向上させるよう命令

この記事を共有する

8 月 1 日にエコノミック タイムズが報じたように、インドは、航空規制当局による業界の綿密な精査の引き金となった、ここ数週間の一連の安全関連の問題を受けて、航空会社に対し、すべての基地とトランジット ステーションでエンジニアリング関連の能力を強化するよう求めました。VKインド民間航空省のシン長官は、航空会社は航空業務の安全を確保するために、適切な緩和措置と内部監視を強化する必要があると議員に語った。 7 月 27 日、航空規制当局の民間航空総局 (DGCA) は、格安航空会社のスパイスジェット [SJET:IN] に対し、航空会社の安全上の問題に対するペナルティとして、今後 8 週間で 50% のフライトのみを運航するよう命じ、航空会社の監視を強化することを誓った。国内航空部門。

インドの航空業界は、主にインディゴ [INDIGO:IN] やゴー ファーストなどの低コスト航空会社で働く技術者がより良い賃金を求めてストライキを行っているため、ここ数週間、空中で頻繁に問題が発生しています。技術サポートが不足しているため、一部の航空会社は、飛行の安全性に関係のないものが機能しない場合でも、パイロットが合法的に航空機を飛行できるようにする最小装備リスト (MEL) に頻繁に頼らなければなりませんでした。特に、DGCA が容量を半分に削減した 1 日後の 7 月 28 日に、スパイスジェット機がムンバイの滑走路での離陸を中止せざるを得なくなりました。 DGCA による暫定命令によると、SpiceJet は、50% の上限を超える運用容量の増加に着手するのに十分な技術サポートと資金があることを証明する必要があります。

出典:

https://economictimes.indiatimes.com/industry/transportation/airlines-/-aviation/india-asks-airlines-to-boost-engineering-capabilities-after-series-of-safety-incidents/articleshow/93277746.cms

https://www.reuters.com/business/aerospace-defense/india-aviation-regulator-orders-spicejet-operate-50-approved-fleet-et-now-2022-07-27/

https://infra.economictimes.indiatimes.com/news/aviation/as-incidents-of-mid-flight-snags-increase-stakeholders-call-for-reform-of-dgca/93239665

https://indianexpress.com/article/business/aviation/dgca-spicejet-50-pc-approved-flights-snags-8055188/

関連記事



ja日本語