現代自動車が中国で最初の水素燃料電池プラントを建設

ESG ソフトウェアのデモをリクエストする

メールは正しくフォーマットする必要があります
セネカ ESG にご関心をお寄せいただきありがとうございます。まもなくご連絡いたします。

現代自動車が中国で最初の水素燃料電池プラントを建設

この記事を共有する

韓国の現代自動車 [005380:KS] は 1 月 15 日、同社が広州開発区政府と投資協定を結び、広州市に完全所有の水素燃料電池会社を設立したと発表した。同日。これは、韓国企業の最初の海外水素燃料電池生産拠点です。現代自動車は2月末に建設を開始し、2022年後半に量産を開始する予定です。広州工場の初期生産能力は年間6,500セットで、主に現代自動車の水素燃料電池車NEXOに搭載されます。 .

現代自動車は、中国の水素燃料電池市場と世界の水素燃料電池システム関連事業でシェアを獲得するために、広州に生産拠点を建設していると述べた。同社は、2030 年に水素燃料電池の年間生産能力を 70 万セットに引き上げることを目指しており、2020 年 12 月 31 日に水素燃料電池のブランド Htwo を設立した。また、川上・川下産業への参入も計画している。これらには、水素の生産と貯蔵、広東省の水素エネルギー産業チェーン全体が含まれ、水素燃料電池を搭載した船、路面電車、発電機などをカバーしています。

水素燃料電池はコストが高く、エネルギー密度が低いため、現在は主に大型電池を搭載できる商用車に搭載されています。これに先立ち、2020 年 11 月の上海輸入博覧会で、ヒュンダイは水素燃料電池を搭載した世界初の大型トラック、XCIENT 燃料電池を大量生産することを発表しました。同社は、2021年からNEXO車を中国市場に導入して商用化試験を行い、続いて中型および大型の水素燃料電池トラックを導入する予定です。また、現代自動車は、長江デルタ地域と北京・天津・河北地域の水素エネルギー実証地域で中国企業と提携することも明らかにした。 2025 年までに、2 つの地域でそれぞれ 3,000 台と 1,000 台の水素燃料電池トラックを発売する予定です。

出典:

http://www.xinhuanet.com/fortune/2021-01/15/c_1126988470.htm

https://www.36kr.com/p/1041580206309128

http://auto.people.com.cn/n1/2020/1124/c1005-31942527.html

関連記事



ja日本語