現代オイルバンクがプラスチック廃棄物から作られた石油でナフサを生産する

最新のAPACESGインサイトを受信トレイに直接取得

メールは正しくフォーマットする必要があります

お問い合わせ
  • ツイッター

  • Linkedin

  • 現代オイルバンクがプラスチック廃棄物から作られた石油でナフサを生産する

    この記事を共有する

    韓国の石油精製会社現代オイルバンクは、11月18日に韓国経済日報が報じたように、原油の精製プロセスにプラスチック廃棄物熱分解油を追加することでナフサの生産を開始すると発表した。 LG Chem [051910:KS]、Lotte Chemical [011170:KS]、Hanwha Total [000880:KS]などの近くの石油化学メーカーに対して、石油化学業界で溶剤として使用されています。

    プラスチック廃棄物を溶かして作った熱分解油は、塩素などの不純物が含まれているため、施設の腐食を引き起こす可能性があります。したがって、現代オイルバンクは、さらなる研究によって安全性が確保された場合にのみ、熱分解の投入量を徐々に増やしていきます。これまでのところ、同社は実証研究の一環として、11月18日から100トンのプラスチック廃棄物熱分解油を注入しています。国がプラスチック廃棄物を処分する圧力の高まりに悩まされているので、会社はこの環境に優しい方法を試験的に試しました。韓国は2020年に1日あたり853万メートルトンのプラスチック廃棄物を収集し、前年比14.6%増加しました。一方、世界最大のごみ輸入国である中国は、2021年からすべての固形廃棄物の輸入を禁止しました。 、プラスチックリサイクル企業であるSK Geo Centric [285130:KS]は、韓国で初めてプラスチック廃棄物から熱分解油を抽出し、精製および石油化学プロセスの原料として使用する企業になりました。

    出典:

    https://www.kedglobal.com/newsView/ked202111180016

    https://www.kedglobal.com/newsView/ked202110010008

    http://www.koreaherald.com/view.php?ud=20210202000765

    http://koreabizwire.com/hyundai-oilbank-to-use-plastic-waste-to-produce-eco-friendly-naphtha/204871

    ja日本語