カンボジアは新しい石炭火力発電所の建設をやめる

ESG ソフトウェアのデモをリクエストする

メールは正しくフォーマットする必要があります
Thank you for your interest in Seneca ESG. We will be in contact shortly.

カンボジアは新しい石炭火力発電所の建設をやめる

この記事を共有する

カンボジアの鉱山エネルギー大臣SuySemは、11月1日に日経アジアが報告したように、国連COP26の前に英国大使ティナ・レッドショーとの会談で、既存の石炭火力発電所に加えて新しい石炭火力発電所を承認しないと述べた。カンボジア政府によって承認された石炭火力発電所の最後の開発計画は2019年でした。大臣は、カンボジアは輸入液化天然ガス(LNG)や水素などのより環境に優しい低炭素エネルギー源を使用する計画であると述べました。さらに、エネルギー大臣は、同国がアジア開発銀行(ADB)の支援の下で2040年の電力マスタープランに取り組んでいると述べた。新しい計画は、カンボジアの送電網で使用される59%の再生可能エネルギーを目指しており、これにより34%の温室効果ガス(GHG)排出量が削減されます。

石炭火力発電所の段階的廃止は、気候変動に対処するための世界的な傾向であり、いくつかの国は石炭の使用を停止する計画を発表しました。 2020年1月の時点で、経済協力開発機構(OECD)とヨーロッパの41か国のうち29か国が石炭の段階的廃止のタイムラインを発表しました。その中で、フランス、英国、カナダなどを含む24か国が2030年までにすべての石炭火力発電所を閉鎖することを計画していた。これらの国々と比較すると、世界の石炭火力発電所のトップ10ユーザーは、現時点ではそのような計画を発表していません。中国、日本、韓国は、脱炭素化の一環として、今年、海外の石炭火力プロジェクトへの投資を停止することを発表しました。一方、3つの大規模な石炭消費者は、2013年以来世界の石炭火力投資の90%以上を占めています。石炭火力石炭火力の3番目に大きなユーザーである米国とオーストラリアの容量は減少しています。

アジア太平洋地域が2050年までに石炭火力を落とすのは難しいが、各国は再生可能エネルギーの開発を加速している。エネルギー産業研究所のウッドマッケンジー氏によると、アジア太平洋地域の再生可能エネルギーへの投資は、過去10年間の2倍の2030年までに1.3兆米ドルになり、化石燃料の電力支出は年間約25%減少して540億米ドルになると予測されています。 ADBはまた、新しい石炭火力プロジェクトへの融資を除いて、この地域の低炭素移行を促進するための新しいエネルギー政策を発表しました。

出典:

https://asia.nikkei.com/Business/Energy/Cambodia-minister-vows-no-new-coal-plants-beyond-those-approved

https://www.ghub.org/climate-wire-281/

https://www.wri.org.cn/blog/south-korea-and-japan-will-end-overseas-coal-financing-will-china-catch

https://guangfu.bjx.com.cn/news/20210518/1153173.shtml

https://www.adb.org/zh/news/new-adb-energy-policy-support-energy-access-and-low-carbon-transition-asia-and-pacific

http://mm.chinapower.com.cn/sj/gwsj/20210701/84571.html

https://www.adb.org/zh/news/new-adb-energy-policy-support-energy-access-and-low-carbon-transition-asia-and-pacific

関連記事



ja日本語