米国のユニバーサル水素に航空用グリーン水素を供給するオーストラリアのフォーテスキューメタル

ESG ソフトウェアのデモをリクエストする

メールは正しくフォーマットする必要があります
Thank you for your interest in Seneca ESG. We will be in contact shortly.

米国のユニバーサル水素に航空用グリーン水素を供給するオーストラリアのフォーテスキューメタル

この記事を共有する

11月10日にロイターが報告したように、オーストラリアの鉄鉱石採掘会社Fortescue Metals Group [FMG:AU]と、航空脱炭素に焦点を当てている米国を拠点とするUniversal Hydrogenは、航空業界へのグリーン水素供給に関する予備合意に署名しました。合意に基づき、Fortescueはまず、アイスランド、ニュージーランド、オーストラリアのクイーンズランドに水素の生産およびロジスティクスセンターを設立する可能性に取り組みます。その上、両社は他の詳細を提供しなかった。

再生可能エネルギー源を使用して水の電気分解から生成されるグリーン水素は、鉄鋼や航空などの産業で化石燃料に取って代わるグリーンな選択肢と見なされています。参考までに、エアバス[AIR:FP]は、2035年までに短距離または中距離の水素を動力源とする飛行機を製造して使用する計画を発表しました。これに照らして、ユニバーサル水素はアイスランド航空[ICEAIR:LN ]水素燃料以上。一方、Fortescueの会長Andrew Forrestは、10月にFortescueを2030年までに年間1500万トンのグリーン水素を製造するなど、特定の目標を持つグリーンエネルギー会社に移管すると発表しました。同月、オーストラリアの会社は水素に関する2つの取引を発表しました。米国の水素技術開発者であるプラグパワー[PLUG:US]との合弁会社を設立し、オランダのHyET水素とHyETソーラーに投資していました。 FortescueのグリーンパワーユニットであるFortescueFutureIndustriesとPlugPowerは、2022年3月にクイーンズランド州に世界最大の電解槽工場の建設を開始し、2023年までに完成させることを目指しました。

出典:

https://www.reuters.com/business/sustainable-business/fortescue-signs-deal-bring-green-hydrogen-airlines-more-come-2021-11-10/

https://www.reuters.com/business/sustainable-business/australian-iron-ore-baron-bets-big-global-green-revolution-2021-10-27/

https://www.reuters.com/business/aerospace-defense/exclusive-universal-hydrogen-zero-carbon-plane-deals-with-icelandair-others-2021-07-13/

https://www.bloomberg.com/news/articles/2021-09-22/airbus-gains-confidence-in-2035-goal-to-deliver-hydrogen-plane

関連記事



ja日本語