オーストラリアの鉱夫 FMG がエアバスと協力して排出量を削減

ESG ソフトウェアのデモをリクエストする

メールは正しくフォーマットする必要があります
Thank you for your interest in Seneca ESG. We will be in contact shortly.

オーストラリアの鉱夫 FMG がエアバスと協力して排出量を削減

この記事を共有する

オーストラリアの Fortescue Metals Group (FMG) [FMG:AU] の水素子会社は、Airbus [AIR:FP] との間で、航空部門における二酸化炭素 (CO2) 排出量を削減するための覚書 (MoU) に署名したとロイターが報じた。 3 月 8 日。この合意は、2035 年までに水素動力航空機を運用するというエアバスの戦略の一部です。一方、オーストラリアで 3 番目に大きな鉄鉱石輸出国である FMG は、2021 年 3 月に、2030 年までにカーボン ニュートラルを達成すると宣言しました。事前狙い。両社は、グリーン水素の研究開発で協力します。

航空業界は、排出量を着実に削減しながら、増加するフライト需要に対応する必要があるため、カーボン ニュートラルを達成するという大きな課題に直面しています。国際航空運送協会 (IATA) は、2050 年までに世界の航空部門が正味ゼロの炭素排出を達成するための決議を可決しました。これは、2050 年までに合計 212 億トンの炭素排出を削減することを意味します。持続可能な航空燃料(SAF)、新しい航空機技術の使用を増やし、フリート用の電気や水素などの新しいゼロカーボンエネルギー源を探ります。

出典:

https://www.reuters.com/business/aerospace-defense/airbus-strikes-deal-with-australias-fortescue-airlines-seek-hydrogen-boost-2022-03-08/

https://www.cauc.edu.cn/jsjxy/591.html

https://chuneng.bjx.com.cn/news/20210517/1152861.shtml

https://www.fmgl.com.au/docs/default-source/china—latest-news/fmg-%E9%9B%86%E5%9B%A2%E6%8F%90%E9%AB%98%E7%A2%B3%E4%B8%AD%E5%92%8C%E7%9B%AE%E6%A0%87-%E5%B0%86%E4%BA%8E-2030-%E5%B9%B4%E5%89%8D%E5%AE%9E%E7%8E%B0%E7%A2%B3%E4%B8%AD%E5%92%8C.pdf?sfvrsn=580e2025_2

http://news.cnpc.com.cn/system/2021/10/19/030047123.shtml

関連記事



ja日本語